株式投資型クラウドファンディングとは

株式投資型クラウドファンディングの仕組み

・インターネットを通じて株式を発行して、成長に必要な資金の調達ができる仕組みです。
・株主という中長期的に企業を応援するファンづくりを行うことが可能です。
※VC等からの資金調達を含み、年間資金調達額は1億円未満です。

Unicornの特長

投資銀行/証券出身の
IPOのプロが多く在籍

ユニコーンには百数十社の企業の上場をサポートしてきた投資銀行/証券出身のIPOのプロが多く在籍。
他社に比べてネットワーク、情報力、デューデリジェンス力、目利き力が違います。

マザーズ上場の株式会社ZUUの
グループ会社が運営

400万人が利用する金融メディアZUU onlineの株式会社ZUUのグループ会社が運営しています。

資金調達後のIRをサポート

資金調達後、3ヶ月に1回の頻度で「株主通信」という形で、株主の方への情報公開を行なっていただきます。株主の方に貴社のファンとなっていただき、事業推進の力になるための重要なコミュニケーションです。このIR活動のサポートをいたします。

企業成長丸ごとサポート

経営者の様々な悩みに答えてくれる各分野のプロフェッショナルをご紹介します。当社が紹介する企業や専門家は、当社がサービス内容やビジョン等をしっかりとヒアリングして選定したプロフェッショナルです。貴社のニーズにあった先をご紹介いたします。

発行会社登録から
資金調達までの流れ

1 発行会社登録/エントリー

当社サイトにて、法人情報等を登録していただきます。ログイン後、エントリーをすることで予備審査資料を確認できます。

2 予備審査

会社概要や代表者の経歴書などの予備審査資料を提出いただき、ヒアリング等で予備審査を行います。

3 マネジメントインタビュー

事業内容についてのプレゼンテーションを実施していただきます。

4 本審査

本審査資料を提出いただき、事業詳細について審査担当より本審査を行います。

5 募集条件検討・募集準備

資金調達額、株価等募集条件を固め、募集画面を作成します。

6 募集開始

案件公開後、1週間以上の情報公開期間ののち、募集開始となります。

資金調達相談セミナー

私たちが資金調達をサポートします

安田 次郎
代表取締役 最高経営責任者
国際証券(現三菱UFJモルガンスタンレー証券)にて、本邦企業の資本政策・資金調達やIR戦略の立案/執行に従事。その後、クレディ・スイス、リーマン・ブラザーズの株式資本市場部にて、国内外における株式及び株式関連の資金調達(含むIPO)において数多くの主幹事案件を執行。野村證券移籍後は、第三者割当型の資金調達案件や事業会社が保有する株式の売却や自社株買いについて、デリバティブを活用したスキームなどのソリューション提供業務に従事。
一村 明博
代表取締役 最高執行責任者
1993年、大和証券に入社。富裕層や中小企業オーナーを主な顧客とする個人営業に従事。
3年目には全国でNo.1の成績を上げる。
2001年に松井証券に移籍。2004年には最年少(当時)で営業推進部長に抜擢される。2006年からは同社取締役も務めた。
2015年、フィンテックベンチャーのZUUに経営参画し、2018年に同社IPOを実現。
2020年には、株式投資型クラウドファンディング事業を展開する株式会社ユニコーンをM&Aにて子会社化。
同年4月からは株式会社ユニコーンの代表取締役を務める。
高度かつ専門的な知識が必要とされる金融業界において20年以上にわたり500人以上の部下を育成。
家本 省次郎
執行役員
西洋環境開発都市開発部門にてマンション開発に従事。建築、マーケティング、プランニング、プロモーションなどに従事。外資系不動産私募ファンドのMGPA(現ブラックロック)やAPLジャパンにおいて、アセットマネジメント部の責任者として投資不動産の管理・運営などを担当。2012年~2015年 寺田倉庫にて不動産関連の執行役員。

資料請求・お問い合わせ お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ

資金調達のご相談、株式投資型クラウドファンディングについてもっと詳しく知りたいなど、お気軽にお問合せください。